ICPST-34日本語会場プログラム

プログラム第3版です。

英語のシンポジウムは英語のプログラムをご参照ください。

pdf版プログラムは英語プログラムページからダウンロードできます。

 

6 26日月曜日

Room D (Room 304)

15:00-17:00 前日受付

17:00-19:00 Get Together

 

日本語シンポジウム

Room C (Room 303)

6 27火曜日

ポリイミド及び高温耐熱樹脂-機能化と応用

6 28水曜日

一般講演

レジスト除去技術

 

Room D (Room 304)

6 28水曜日

プラズマ光化学と高分子表面機能化

6 29木曜日

 

 

6 26日月曜日

Room D (Room 304)

15:00-17:00 前日受付

17:00-19:00 Get Together

 

 

6 27火曜日

Room C (Room 303)

 

Japanese Symposium: Polyimides and High Temperature Polymers

-Functionalization and Practical Applications-

日本語シンポジウム: ポリイミド及び高温耐熱樹脂-機能化と応用

 

9:30-10:45 座長:岩手大学 大石好行、東京工業大学 早川晃鏡

B1-01   多脂環構造ポリイミドの透明性向上技術

(1) 東京工芸大学,(2) JXエネルギー 松本利彦(1),小澤将希(1),水田

智大(1)小松伸一(2)        

B1-02    Promotion of Thermal Imidization of Semi-Aliphatic Polyimide Precursors by Incorporation of Polyethylene Glycol and Their Modified Solid Structures

               (1) 東京工業大学,(2) 豊橋技術科学大学 内田翔也(1), 石毛亮平(1), 竹市

(2), 安藤慎治(1)

B1-03   エチニル基を有する硬化性ポリイミドの合成と性質 

茨城大学 森川敦司,菅谷紀宏

 

10:45-11:00 休憩

 

11:00-11:50 座長:茨城大学 森川敦司, 久留米高等専門学校 津田祐輔              

B1-04    Wetting Transition on Microstructured Polyimide Surface

(1) Department of Precision Machinery Engineering, Nihon University, (2) Department of Mechanical Design, Xi’an University of Technology, Yuxuan Han (1,2), Yingwei Liu (2), Fumio Uchikoba(1),

B1-05    How Temperture Affect Wettability on Microstructured Polyimide Surface

(1) Department of Mechanical Design, Xi’an University of Technology, (2) Department of Precision Machinery Engineering, Nihon University    

Yingwei Liu (1), Yuxuan Han(1,2), Zhengwei Yang(1), Yasushiro Nishioka(2) 

 

11:50-13:00 昼食休憩

 

13:00-14:00 座長:東京工業大学 柿本雅明、東レ 富川真佐夫

基調講演

B1-06    半導体パッケージ基板用絶縁材料

味の素 中村茂雄

 

14:00-15:15 座長:東京工芸大学 松本利彦、横浜国立大学 大山俊幸

B1-07    Polyimides and High Temperature Polymers -Functionalization and Practical

              Applications-

Hitachi Chemical Co., Ltd., Mika Kimura, Yu Aoki, Sangchul Lee, Akitoshi Tanimoto, Mamoru Sasaki

B1-08    高屈折率熱可塑性ポリシアヌレートの合成と光学特性

岩手大学、史松炎,芝崎祐二,大石好行

B1-09    Negative-tone Photodefinable Underfill having High Resolution and

              Appropriate Thermal Fluidity

(1) 日立化成、(2) 大阪大学        満倉一行(1),峯岸知典(1),藤本公三(2)

 

15:15-15:30 休憩

 

15:30-16:20 座長:東京工業大学 安藤慎治、日立化成 峯岸知典

B1-10   紫外線照射により表面濡れ性制御が可能な長鎖アルキル基含有ポリイミ

      ド

久留米高等専門学校 津田祐輔、川端将真

B1-11 Surface Fabrication of Block Copolymer-Templated Polyimide Films by

              Reactive Ion Etching

(1) 東京工業大学,(2) JST さきがけ 駒村貴裕(1),早川晃鏡(1,2)

16:20-17:10 座長:東京工業大学 柿本雅明、日立化成 佐々木守

B1-12 ポリアリレート-シリコーン共重合体への反応現像画像形成の適用によ

       る微細パターン形成

横浜国立大学 大山俊幸,三好麻理子,所雄一郎        

B1-13 銅マイグレーション耐性を向上させた感光性ポリイミドシートの開発

東レ  富川真佐夫、松村和行、荘司優、龍田佳子、奥田良治

 

 

6 28水曜日

RoomC (Room 303)

 

Japanese Symposium: General Scopes of Photopolymer Science and Technology

日本語シンポジウム: 一般講演

 

13:00-14:40 座長:千葉大学 高原茂、東京理科大学 有光晃二

B4-01   Relation between Reactivity of Iodonium Salts in NIR Photoinitiating Systems Comprising  

             Anions with Different Coodination Behavior

(1)サンアプロ、(2)Niederrhein University  白石篤志(1)Dennis Oprych(2)Christian Schmitz(2),木村秀基(1)Bernd Strehmel(2)

B4-02   光塩基発生剤を用いた新規なエポキシ樹脂系レジストの感光特性

(1)日本化薬株式会社,(2)東京理科大学 寺田究(1,2),古谷昌大(2),有

光晃二(2)

B4-03    Heterocoerdianthrone Derivative as Dispersant for Single-Walled Carbon Nanotubes and Formation of Thin Film

千葉大学 Yuting. Ke 、高原

B4-04   高分子固体中におけるベンゾフェノン燐光寿命の不均一分布とポリマー

       マトリックス依存性

        東京工科大学 岩崎瑛佑,川島宏介,小林亜由美,山下俊

B4-05    ナノインプリント用ガス透過性をもつテンプレート材料の特性評価

(1)富山県立大学、(2)三光合成、(3)リソテックジャパン 杉野直人(1)

竹井敏(1),中島信也(1),花畑誠(1),亀田隆夫(2),関口淳(3)

 

14:40-15:00 休憩

Japanese Symposium: Resist Removal Technology

日本語シンポジウム: レジスト除去技術

 

15:00-16:00座長:金沢大学 石島達夫、香川高等専門学校 山本雅史

B4-06  化学増幅ポジ型レジストにおける低分子化合物添加による溶解促進効

   果

   大阪市立大学大学院工学研究科 高森司真、西山聖、佐藤絵理子、

   堀邊英夫

B4-07  オゾンマイクロバブルによる水溶液中での親水性高分子の分解

   大阪市立大学大学院工学研究科 西山聖、松浦昂平、佐藤絵理子、

   米谷紀嗣、堀邊英夫

B4-08  レーザー照射を用いたレジスト剥離現象の解析(招待講演)

(1) 大阪工業大学工学部、(2) 大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部、(3) 大阪大学サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリー、(4) 大阪市立大学大学院工学研究科 神村共住 (1)、布晃輔 (1)、山城鷹之 (1)、梅田悠史(1)、辻本慎吾(1)、倉前宏行(2)、中村亮介(3)、西山聖(4)、堀邊英夫(4)

 

16:00-16:10    休憩

 

16:10-16:50座長:大阪市立大学大学院 堀邊英夫、大阪工業大学 神村共住

B4-09  水蒸気雰囲気下のマイクロ波励起プラズマによるレジスト除去メカニズ

   ムの検討(招待講演)

(1) 金沢大学理工研究域サステナブルエネルギー研究センター、(2) 金沢大学自然科学研究科、(3) 大阪市立大学大学院工学研究科 石島達夫(1)、鈴木宏明(2)、田中康規(2)、上杉喜彦(2)、西山聖(3)、堀邊英夫(3)         

B4-10  水素ラジカルを用いたレジスト除去における除去速度の圧力依存性

(1) 香川高等専門学校、(2) 静岡大学、(3) 北陸先端科学技術大学院大学、(4) 大阪市立  大学大学院 山本雅史(1)、城井智弘(1)、長岡史郎(1)、鹿間共一(1)、梅本宏信(2)、大平圭介(3)、高木誠司(4)、西山聖(4)、堀邊英夫(4)

 

6 28水曜日

Room D (Room 304)

  

Japanese Symposium: Plasma Photochemistry and Functionalization of Polymer Surface

日本語シンポジウム プラズマ光化学と高分子表面機能化

 

10:00-12:00 座長:埼玉工大 矢嶋龍彦、岡山理大 中谷達行

B2-01   生体適合性メタクリル酸系高分子のプラズマ誘起反応におけるエステ

    ル基の効果

岐阜薬大(1)、松山大薬(2)、中部学院大(3)、 笹井泰志(1)、中牟田晧平(1)、土井直樹(1)、山内行玄(2)、葛谷昌之(3)、近藤伸一(1)

B2-02   プラズマ照射が誘起する人工細胞膜の変形の可視化と分子透過過程と

       の相関の検討

愛媛大(1)、パール工業(2)()Y's(3) 〇本村英樹(1)、永岩秀憲(1)、山本健太(1)、木戸 祐吾(1,2)、佐藤晋(1,3)、神野雅文(1)

B2-03   シリコーンポリマー溶液のエレクトロスプレー堆積に及ぼす放電の影

    響

東京大工研マテリアル工専攻(1)、ナノ医療イノベーションセンター(2)  〇橋本光平(1)、竹原宏明(1)、一木隆範(1,2)

B2-04   低温プラズマ技法によるNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の高分子プ

       ロドラッグの調製とその物理化学特性

松山大薬(1)、岐阜薬大(2)、中部学院大(3)  山内行玄(1)、土井直樹(2)、笹井泰志(2)、近藤伸一(2)、葛谷昌之(3)

 

12:00-13:30 昼食休憩

 

13:30-15:00  座長:東京大 一木隆範、愛媛大 本村英樹

B2-05    基板バイアス大気圧プラズマジェットを用いたフッ素含有ポリマー

       の表面修飾 

静岡大電工研(1)、静岡大総科技(2)、インドネシア大工(3) 永津 雅章(1,2)、金原 正寛(2)Tomy Abuzairi(3)

B2-06    プラズマを利用したPdナノ粒子担持高分子フィルムの調製とその触

       媒活性評価

岐阜薬大(1)、松山大薬(2)、中部学院大(3)  近藤伸一(1)、笹井泰志(1)、土井直樹(1)、山内行玄(2)、葛谷 (3)

B2-07    アガロース膜を通過したプラズマ生成イオンの大気圧質量分析

名城大(1)、サウスオーストラリア大(2)、ランカスター大(3) 〇呉 準席1Sung-Ha Hong(2)Endre J.Szili(2),太田貴之(1),平松美根男(1)Robert D.Short(2,3),伊藤昌文(1)

  

15:00-15:15    休憩

  

15:15-16:45 座長:静岡大院工 永津雅章、岐阜薬大 近藤伸一

B2-08   ポリテトラフルオロエチレンを超親水化するアルゴン-アンモニア水

       プラズマに関する分光学的研究

埼玉工大院、グエン・ダン・ハイ、矢嶋龍彦

B2-09    ステント用DLC被覆マグネシウム合金の生理食塩水中における電気

       化学的分極挙動

岡山理大(1)、日本医療機器技研(2) 中谷達行(1)、福本順也(1),和田晃(2),山下修藏(2)

B2-10    プラズマ重合SiO:CH微粒子堆積における基板材料の影響

千葉工大(1)、千葉工大院(2)、関東学院大(3) 〇井上泰志 (1)、相原巧(2)、高井治(3)

 

 

6 29木曜日

Room D (Room 304)

 

Japanese Symposium: Photofunctional Materials for Electronic Devices

日本語シンポジウム: 光機能性デバイス材料

 

9:10-10:30 座長:秋田大学 山口留美子、高分子学会フェロー 長谷川悦雄

B3-15  DNA錯体をゲート誘電体として用いたBioTFTメモリーの温度特性

   (1)北京印刷学院,(2)千葉大学,(3)産総研,(4)清華大学

        梁 麗娟(1)Lian Fang Li(1),三ツ村 (2),中村一希(2),植村 聖 (3)

    鎌田俊英(3)Yen Wei(4)小林範久(1,2)

B3-01  側鎖にアゾベンゼンを有するポリイミドの紫外線照射による表面濡れ性

      の可逆的制御

久留米高専 津田祐輔,坂田大地

B3-02  側鎖に桂皮酸エステルを有する高分子フィルムの光配向に対する照射波

      長の影響

兵庫県立大学  生駒裕美, 近藤瑞穂,川月喜弘

B3-03 スリットコーターを用い異なる塗布速度条件下で形成した液晶配向に関する研究

    (1)長岡技術科学大学, (2)モンテレイ大学 木村 宗弘(1), 高木 達哉(1),

             Gerhard Didier de la Mora Hernández(2)

 

 

10:30-10:40休憩

 

10:40-11:40 座長:高分子学会フェロー 長谷川悦雄、東芝 木原尚子

B3-04  P型およびn型液晶を用いたハイブリッド配向リバースモード素子の電気

      光学特性

秋田大学 山口 留美子,井上 洸一,及川 侑紀,高須 智也

B3-05  ニッケル錯体を用いた液晶の光応答挙動

(1)埼玉工業大学工学部, (2)埼玉工業大学大学院工学研究科  木下基(1,2),

古川元行(2)

B3-06  回転ドラム式エレクトロスピニング法で延伸紡糸した高分子-圧電不織

      布の特性

(1)産業技術総合研究所 フレキシブルエレクトロニクス研究センター, (2)豊橋技術科学大学大学院工学研究科電気・電子情報工学系, (3)北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科マテリアルサイエンス系 応用物理学領域 延島大樹(1),  石井佑弥(2),  酒井平祐(3), 吉田学(1),  植村聖(1)

 

11:40-13:00 昼食休憩

 

13:00-13:45 座長:高分子学会フェロー 長谷川悦雄、東芝 木原尚子

基調講演

B3-07  マイクロ流体有機発光デバイスの研究開発の現状

(1)早稲田大学理工学術院,(2)日産化学,(3)早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構  笠原崇史(1),桑江博之(1),小林直史(1),登惇輝(1),大島寿郎(2),庄子習一(1),水野潤(3)

 

13:45-14:05 座長:早稲田大学 水野潤、東芝 木原尚子

B3-08  対称的なアクセプター・ドナー・アクセプター型構造をもつ高効率熱活性化型遅延蛍光材料の開発

京都大学化学研究所 志津功將,尾形勇武,三輪卓也,和田啓幹,

梶弘典

 

14:05-14:15 休憩

 

14:15-15:15 座長:愛知工業大学 森竜雄、高分子学会フェロー 長谷川悦雄

B3-09   表面修飾酸化亜鉛ナノ粒子の塗布型有機EL電子注入層への応用

山形大学 大久哲, 引地達也, 夫勇進, 千葉貴之, 城戸淳二

B3-10   酸化発色型エレクトロクロミック材料の色彩制御とデバイスへの応用

リコー 後藤大輔,山本諭,匂坂俊也,篠田雅人,金子史育, 油谷圭一郎, 鷹氏啓吾,岡田吉智, 八代徹

B3-11   デュレン部位をスペーサーに有するビスターピリジンを用いた新規メタロ超分子ポリマーの合成とエレクトロクロミック特性

物質・材料研究機構  二宮美雄, 樋口昌芳

15:15-16:15 座長:東芝 木原尚子、高分子学会フェロー 長谷川悦雄

B3-12   Electrochromic Behavior of Donor-Acceptor Polymers Containing

             Diketopyrrolopyrrole Unit

東京工業大学 WeiLi, 道信剛志

 

B3-13  未修飾フラーレンC60を利用した高分子太陽電池への可溶性フラーレンの添加による特性改善

(1)愛知工業大学工学部, (2)愛知工業大学大学院工学研究科 森竜雄(1,2),  佐藤大貴(1),  江上貴哉(1),  エゼ ビンセント オビオゾ(2)

B3-14   種々のCa/Ta比におけるEr-Ybドープタンタル酸カルシウムのアップコンバージョン特性の調査

(1)東海大学大学院総合理工学研究科,(2)岡山理科大学理学部,(3)東北大学多元物質科学研究所,(4)東海大学理学部 田村紗也佳(1),岩岡道夫(1),佐藤泰史(2),小林亮(3),垣花眞人(3),冨田恒之(4)

 

 

 

Closing Remarks  at Room A (Room 301)